クロアチアカジノに馴染みはないけれど

  • 投稿日:
  • by

ギャンブルを楽しめるところが世界各地にあり、クロアチアカジノもその1つ。ただ特別な許可が必要な国が多く、特定地域に限定されている場合が多い。

例えばアメリカなら、ラスベガスが有名。東欧に位置するイストラ郡を始めとする、いくつかの場所でクロアチアカジノが展開されています。

賭けに大きく勝った時、ディーラーに1割から2割のチップを渡す事がマナーとされてます。アメリカなんかは当然だから、海外と思えば違和感はありません。

クロアチアカジノはスマートカジュアルな格好で行った方が、自分もモードに入れるからオススメ。

ドレスコードは日本人に馴染みがなく、結構気になるポイントだと思うけど、案外厳しくない印象。だけど、お店によってはサンダルだと、入店拒否をくらいます。

クロアチアカジノの年齢制限は18歳以上から、入場料は基本的に無料なので行きやすい。年齢はパスポートでチェックされる為、忘れずに携帯する必要があります。まー忘れないとは思うけどね。